城下彩々【熊本城】

切子などにも使用される被せガラスに、熊本県熊本市にある城『熊本城』の姿をサンドブラスト彫刻しました。大天守と小店主、背面には阿蘇の山嶺と天の川。そして底には、城主細川氏の家紋の桔梗紋をあしらいました。

熊本城は別名『銀杏城』とも言い、日本三名城(天守・建築)にも数えられる城です。上にいくにつれて勾配が急になる『武者返し』と言われる石垣が有名です。

■Point■
被せガラスとは、異なる色のガラスが層になっているものを指します。
このうち色のついた層のみを削り取ることによって、様々な模様やグラデーションを生み出します。そのため、色の変化に合わせた段差も生じ、それがグラスに独特な手触りを与えます。
彫刻のみで模様をデザインしてありますので、洗浄・経年劣化による色落ちがありません。

size : W75×H88mm
販売価格 5,900円(内税)
購入数


Other page

Top