K I R I [六鱗紋・緋]

切子などにも使用される被せガラスに、鱗模様をサンドブラスト彫刻したグラスです。

鱗模様とは、日本の伝統的な紋様の一種です。三角形を連続で配置し、紋様と字の色を交互に入れ替えることで、まるで鱗のような模様が浮かび上がります。古くは弥生時代から存在する古い模様で、蛇や蝶を連想→脱皮を表し、厄を落とし再生するという意味があります。江戸時代には厄除けの文様とされました。

今回は、鱗模様を六つに分割し配置することで、上から覗けばまるで曼荼羅のような規則正しい模様の中に、三葉六花が浮かび上がるように制作しております。様々な祝い事や節目の行事に最適な一品です。 

■Point■
被せガラスとは、異なる色のガラスが層になっているものを指します。
このうち色のついた層のみを削り取ることによって、様々な模様やグラデーションを生み出します。そのため、色の変化に合わせた段差も生じ、それがグラスに独特な手触りを与えます。
彫刻のみで模様をデザインしてありますので、洗浄・経年劣化による色落ちがありません。

size : W93(上部)×H90mm

◆発送日◆
ご入金確認日より1〜14営業日での発送が目安となります
※1 土日祝は非営業日となり、発送目安の日数計算に含まれません。また、8/12〜8/15、12/26〜1/6の期間中も日数計算に含まれません。
※2 各種記念日前やクリスマス・年度末などのシーズナルイベント前は目安いっぱいの納期を頂戴する場合がございます。

◆諸注意◆
・ハンドメイド品ですので、作品一つ一つ表情が違います。色の濃淡・気泡・斑がある場合がございますが、それらはガラス製造上の仕様です。使用上差支えはありません。
・洗浄の際は食洗機など高温になるものを避け、柔らかいスポンジ等でやさしく水洗いしてください。
・素材となるガラスの製造上、サイズが若干変化する可能性がございます。
販売価格 13,600円(内税)
在庫数 売り切れ中
SOLD OUT

おすすめ商品


お猪口ペアセット

7,300円(内税)


揺々海月【芍薬】

5,200円(内税)


春乃遠霞【撫子】

9,200円(内税)


Other page

Top