紅白桜花

伝統工芸『江戸切子』などにも使用される被せガラスに、紅白幕と桜を吹雪かせたグラスです。
紅白には、『赤』が赤ちゃん・『白』が死装束の意味があり、人の一生を表しているとされています。そのため、祝いの席などでは必ずと言っていいほど紅白の品が出されてきました(紅白幕・紅白餅・紅白結びなど)。そこに桜を散りばめ、春の縁起物として制作しました。
入学・卒業・就職など、様々な春の節目の贈り物として最適の一品です。

size : W80×H85mm
販売価格 4,600円(内税)
購入数


Other page

Top