薔薇園のグラス

江戸切子にも使用される"被せ硝子"に、大輪の薔薇たちを彫刻しました。

古くから、贈花として愛されてきたバラの花をメインに据えたグラスです。側面には薔薇と花びらを、底面には茨の茎たちがその存在を主張しています。
硝子層が厚めのグラスを使用しています。そのため、彫刻が深くなりより存在感のあるものへと仕上がっております。

size : W75×H88mm
販売価格 5,300円(内税)
購入数

カラー


Top