城下彩々【熊本城】

江戸切子に使用される『被せガラス』に、熊本県熊本市にある城『熊本城』の姿を彫り込みました。大天守と小店主、背面には阿蘇の山嶺と天の川。そして底には、城主細川氏の家紋の桔梗紋をあしらいました。

熊本城は別名『銀杏城』とも言い、日本三名城(天守・建築)にも数えられる城です。上にいくにつれて勾配が急になる『武者返し』と言われる石垣が有名です。
2016年4月に発生した熊本地震の影響で、石垣や宇都櫓といった文化財建造物・天守が被災しました。特に宇都櫓の被害はTV等でも放送されていましたのでご存知の方も多いかと思われます。
地震から一年が経過しましたが、被災地には未だ多くの爪痕が残されています。熊本で活動し、また被災した身として、熊本を象徴するもののひとつである熊本城の復旧を願って製作しました。

size : W75×H88mm
販売価格 5,300円(内税)
購入数


おすすめ商品


雪華の大聖堂

5,800円(内税)


大輪華【千歳山吹】

8,800円(内税)


Other page

Top